【店長おすすめ】キハダマグロ トローリングスタディ

今、大王沖でキハダマグロのナブラが出現!!

ジギングやキャステイング船が走り回ってキハダを追いかけています。

「このキハダを何とかトローリングで釣れないものか・・・」ということで、

沖縄や奄美で「実績の上がっているルアーと釣り方」のご案内です!!

実績の上がっているルアーは「パクラ ホットヘッド ウジ」シリーズです。

ルアーの長さは16cmでヘッドは25mmです。
画像上より
パクラホットヘッドウジエヴィルエンジェル
ゴールドヤッカ
ライトスキッド
ピンク
上記カラーが多くの実績を上げています。

 

たまにカジキのルアーにキハダが喰ってくることがありますが、

確率から言うとこのウジクラスのサイズでなければ、

口を使うのがへたなマグロ類はなかなかフッキングしません。

特に20kgまでのキハダはウジのサイズがベストです。

 

タックルはリーダー200lbに

フックはブレイドのスモールサイズ(6/0、7/0)が最適です!!

(当店のカスタムフックはスモールサイズは作っていないため)




ルアーセッティングは上記のようにフックのアイを

スカートのエンド近くのポジションでセットしてください


曳き方は5本曳きでルアーポジションはカジキより倍の長さで曳いてください

(キハダが船のエンジン音を嫌がるため)

そしてできればすべてに「5連チェーンバード」か「フリッピーフロッピー」(完売)

のティーザーをつけてください。

鳥山の中のナブラに突っ込むのではなくナブラの向かう場所を予測して曳いてください

ボートとルアーの距離が長いのを利用して、ルアーがナブラの手前に来ればチャンスです。

 

さらにヒットの確立を上げるためには、

もう一つルアーのスプレッドの中でバレットタイプのルアー(スキッピーなど)も混ぜてください。

ルアーの動きが良くないですがキハダにとっては捕食しやすいため

ウジのように動くルアーと一緒に曳けばよいと思います。


上の画像の一番上がウジで2番目、3番目がパクラスキッピーです




上から
パクラスキッピーピンク
パクラスキッピーホットベティー
これからのシーズン、「キハダ狙い」も面白いです。

なんといってもカジキより美味ですから(笑)

とルアーもフックも少ない設備投資(笑)で可能です!
皆さん海に出ましょう!!

 

まだ和歌山では黒潮本流が串本に接岸しており水温が27℃〜28℃と例年より高く当店のお客様も先週もマカジキとシロカワカジキをキャッチしています

 

 

ただし数の方は大分少なくなり和歌山方面では居着きのカジキがターゲットとなってきます。

 

その例として田辺沖の波浪ブイ回りや富田谷のイカ場などがポイントです。

そして今の時期、秋雨前線や台風の影響で水潮気味になり魚が浮いてきません。

こんな時に私がオーストラリアのリザードアイランドで著名なチャーターボートに教えていただいたトローリングテクニックをご案内します。

通常リザードアイランドではルアー以外にライブベイトを曳くのが定番ですがライブのトローリングスピードではスピードが遅すぎるため多くのポイントを探れない、こんな時にディープダイバーのミノーを曳くのです、ただし全部曳くのではなくスプレッドの中のロングコーナーだけに限り曳いてみます。

ここだけなら他のルアーと交差することはあまりありません。

もしショートコーナーと交差する場合はショートコーナーのルアーを外します。

 

このポジションでディープダイバーを曳くとちょうどよい具合に潜ります(6m〜7.5m)

 

こうすれば上層と中層でカジキを狙うことができます。

このディープダイバーミノーはヨーズリのマグナム3Dディープダイバーの

 

イワシ

 

 

 

トビウオ

 

 

 

カツオ

 

を曳いてください。

サイズはラージサイズの180mm 90gです。

なおこれより小さいミノーは水圧の関係で潜りません。

 

もちろんフックは交換してください。

お薦めはブレイドツナフックの6/0,7/0がお薦めです。

 

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

19