サムズカップ2018



サムズカップ2018 レポート









6/23・24日サムズカップにエントリー。
6/23日初日AM 6:00スタートフィッシングです。
今回の出艇数は台風のため1週間延期したため50艇以上参加の予定が減り30艇ほどが参加。(遅れて出航した艇もあるみたいです)
初日は昨日よりの前線の風がまだ残っており慶良間堆では3メートルほど波があるのと、潮が長潮で満潮がAM3:19干潮がAM10:06と上げ潮での戦いとなるため、私のこの海域の経験より慶良間堆で上げ潮でいい思いをしたことがないので、今回は渡名喜島周辺海域に決定しAM7:20過ぎに海域に到着、道具を出します。








今回のルアースプレッドは

ロングリガー:パクラパウアミディアムスプロケットジェットアークエンジェル+5連チェーンバード

ロングコーナー:パクラパウアチャンガ40エヴィルエンジェル+5連チェーンバード

ショットガン:パクラパウアミディアムスプロケットジェットスティンガー+フリッピーフロッピー

ショートコーナー:パクラパウアチャンガ40スティンガー

ショートリガー:ブラックピートマカイラレイヴァップ+5連チェーンバード
で臨みます。
このルアースプレッドで今年沖縄で4本をキャッチしているためで、他にパクラパウアスプロケットジェットカジキ、ブラックピートマカイラストライピー、パクラパウアスプロケットジェットルモ、パクラパウアチャンガ40アークエンジェルを予備に準備しました。


干潮までの下げにはヒットもなく上げ潮に入ったAM11:30過ぎにスガマでロングリガーにヒット!

200メートルほど出て艇の真横に走り運悪くショットガンのラインと交差してテンションが無くなりフックアウト、おまけにカジキが外れた後シイラがそのルアーを喰ってさらに走りラインはお祭り状態。今回の沖縄チームは私の親友でクルーは皆さんビギナーのためいい経験です、悔しさをバネにして次回から頑張ります!

今までパクラの、ロングリガーポジションにはルモカラーが定番でしたがここ最近主力はこのアークエンジェルが最強となってきており、元々この海域はルモカラーとエヴィルエンジェルがロングリガーの双璧でしたが、今年はアークとエヴィルエンジェルがよくヒットしています、座間味の名人がこの海域で素晴らしい実績をあげているカラーです。

その後ヒットはなく座間味沖に移動。
そしてPM3:30過ぎの満潮手前にショートリガーにヒット!50mほど出てフックオフ、ルアーを回収したところリーダーがザラザラ状態でカジキに間違いありません。
カジキが小さいのかな?と気を取り直して同じポイントを曳いていると、また同じポイントで今度はショットガンのスティンガーにヒット!
でも乗りません、イライラ状態は最高潮。
この日はPM5:00まで曳いて終了。








サムズカップ2日目。

翌日早朝のAM5:00に出港、ポイントは座間味沖の昨日カジキをヒットしたポイントへ向かいます。
AM6:20にポイントへ到着してトローリングを開始します、そしてAM8:00過ぎショートコーナーにヒット!

カジキのバイトは確認していませんがショートコーナーにきたのでてっきりカジキと思いましたが6kgクラスのスマガツオで、がっかりしましたがスマガツオが喰ってくるとはルアーの精度の良さに驚きです。通常はカツオ系はルアーに対して猜疑心が強く敏感で良いルアーでないとなかなか喰ってきません、それも35センチあるルアーに喰ってくるとは驚きです。
その後下げ潮ではアタリがなく、気持ちは焦ってきまが、ただひたすらこのポイントの周りをくまなく曳いていきます。

そしてついに上げ潮に代わったPM12時10分頃ロングコーナーのチャンガ40アークエンジェルにヒット!

カジキがバイトするの確認、道具を片付けてファイトに入ります、約20分でランディング完了。

推定90kgクロカワカジキです。本当にこのアークエンジェルは沖縄海域では断トツの実績です。
早々にカジキをルアーバックに入れて保冷をおこないトローリングを開始。
次のポイントは渡名喜島沖の去年、多くヒットのあった場所で2時間以上かけてなめるように引いていきます。
するとPM3:00にショットガンのスティンガーにヒット!センターのロッドが大きく振れるようにしながらラインが出ていきますこのパワーはカジキです、2本目にトライと思った瞬間にフックオフ、何故?これが本日最後のアタリでした。






PM5:20に宜野湾マリーナに、帰港、検量すると78kg(以外に長さの割には軽かった)
さあ入賞できるか?

2018年第14回サムズカップの結果は総合準優勝。


チーム名クイーンエンジェルのマリーントロフィーをいただきました。



表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

6