ビルジクリーナー





ボートシーズンがオフシーズンに入れば年1回の愛艇のビルジ(ボートの底)のクリーニングをされてはいかがでしょうか?


艇のビルジ部分は一番汚れがたまる部分で、オイル、グリース、燃料、スラッジなど汚れの塊を生む場所となります。

また、ここには雨水や海水も溜まるので、ビルジ部分は真っ黒の汚水になっています。
ここから油臭さや、悪臭のもとになっていることもありますが、この部分を簡単にビルジポンプを使って排出すると油などの海洋汚染となり、
ひどい場合マリーナの海面が油まみれになり、運が悪く近くに海上保安庁の巡視艇に見つかれば、とんでもない罰金を取られた上に書類送検
されてしまいます。

このようなことにならないためにビルジクリーナーを使って汚れを取り、油を分解して排出しましょう。







当店が取り扱うビルジクリーナーはヘビーデューティー用ビルジクリーナーです。
生分解性(微生物の作用で無害な物質に分解できる)のクリーナーで、マリーナ内で排出できます。


使用方法は25フィートサイズのボートにこれ1本(950ml)全部を使います。

ビルジ部分が乾いていて、汚れだけが残っている場合は約40リットルほどの水をビルジに入れてください。

ビルジ内に水が溜まっている場合はそのままクリーナーを投入してビルジ内をブラシなどでクリーニングしてください。

ブラシが入らない場合や手が届かない場合はベストな方法として艇をプレーニングしないよう1時間ほどゆっくりと走らせるとビルジ内でチャプチャプしながら汚れを取ります。

あまりにたくさんの水を入れるとビルジポンプが稼働してしまうのでビルジポンプはこのときだけ切ってください。

それほどビルジが汚れていない場合は艇を動かさず1時間から2時間した後船外へ排出してください。これで終わりです、とても簡単なビルジクリーナーです。









このようにシーズン中の汚れをとっても簡単に落とすことができるのでまめにクリーニングすることをおすすめします。








表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2