実践 チークデッキの洗浄・保護について 


チークデッキクリーニングは汚れ落としから



チークデッキのクリーニング施工方法について施工例をもとにクリーニングテクニックを解説いたします。まずはチーク材の表面及び内部に入り込んだ汚れを落とすことから始まります。
チークメンテナンス作業で用意するもの

sample1

・チーククリーナー、チークブライトナー、チークオイル(お好みで)
・スクラブブラシ(ミディアム・コアーズなど固めのもの)
・インターコムマリン デッキブラシ ハード(ホワイト)
・スポンジ
・ゴム手袋

sample1

このように色あせて黒ずんだガンネルのチーク材のクリーニングを始めます。

sample1

【クリーニング方法】

(1)チークを濡らします。
(2)チーククリーナーを粗目のスクラブブラシになじませてこする。
(3)汚れが強い場合はレストア―クリーナーを使う(より粗目のスクラブブラシを使う)。
※磨き、擦っていると真っ黒な汚れが出てきます、さらに擦ると水気がなくなってくるので少し水を足してください。
(4)ホースを使って水でリンスします、この作業を繰り返し行います、汚れがひどい場合は大体3〜5回行います。

sample1

これを繰り返すことでチーク材内部の汚れまで落とします、この中でスクラブパッドを使うのが賢明です、このパッドはハンドル付きでパッド部分が柔らかすぎず、堅すぎず絶妙なパッドに仕上げています。あまり堅いとチーク材を削ってしまうのですが、このパッドの堅さではほとんど削りません、この硬さが絶妙です。

sample1

左右の違いをご覧ください(これはクリーニング1回目の様子ですが、1回でこれだけの違いが出ます)チークのゴールドカラーの光沢が出てきました!

sample1

(5)チークに光沢を与え、輝かせるためチークブライトナーを使います。
ブライトナーをスポンジにつけチークにすり込むように塗ります。
(6)5分ほど置いてしっかり水で洗い流す。
(7)しっかり乾燥させる(丸1日以上)
(8)お好みでチークオイルを塗る。
チークデッキに関しても同様で

sample1

(9)チーククリーナーを使いインターコムマリンプレミアムデッキブラシの粗目(ホワイト)を力を入れてデッキを磨きます。このデッキブラシかなりの力を入れても全然大丈夫です、そしてハンドルもとても強いです。
(10)コーキングのあるふちの部分はスクラブパッドを使いこちらもひたすら磨き

sample1

(11)生乾きの状態でブライトナーを使います、こちらもスポンジにブライトナーをたっぷりとつけて磨きます。乾燥すると綺麗な木目が出て仕上がりです。
基本的にはこれだけです。

【注意点とポイント】

(1)〜(3) 激しくこすりすぎるとチークが痩せていくので注意。
一度に大量の洗剤を付けるよりこまめに水で洗い流しながらその都度洗剤を継ぎ足す方が洗い残しなく綺麗に洗えます。
(4)薬剤が残っているとチークオイルを塗る際に濁りとして薬剤が出てきてしまい美しくなりません。
(5)〜(6) こちらも薬剤が残っていると濁りの原因になります。
(7)、(8)チークオイルなどを塗布する際はしっかりと乾燥させて翌日に塗るようにしてください。できれば、天気がいい日が3日ほど続く日がおすすめです。

【最後に】

(1)〜(4)だけでも月に1回やっていればひどい汚れが付くことはほとんどないと思います。チークオイルは手入れをしっかりしている方にはおすすめしますが、普段からあまり手入れに関心がない方はチークオイルを塗らずにこまめに掃除をする方がチークをきれいに保てます。




表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

13