インフレータブルフェンダー


収納可能で驚異の強度を持つインフレータブル素材フェンダー



100FTクラスのメガヨットの係船のために開発されたのがこのインフレータブルフェンダーです。

FRP船の係船には大型のエアフェンダーが必要ですがそのフェンダーの収納スペースが大きな問題でした。
そこでインフレータブルボートの素材を使って収縮可能なフェンダーを作ったことが始まりです。
年月をかけて多くの試験と改良がおこなわれた商品で素材・技術ともに優れており、大きな台風や強風の時でも何の問題もなく船体はプロテクトします。
通常フェンダー内の空気圧は1PSIですが、このフェンダーはテストで40PSIを超える条件をクリアしているすさまじい強度を持ったフェンダーです。
















厳しい条件でのテストにも耐えうる品質



業務艇では東京 日の出桟橋 安宅丸がインフレータブルIN-08ウルトラをご使用いただいており、この350t500人乗りの鋼鉄船を本商品2個だけで常時係船して、2年間破裂、エア漏れすることがありませんでした。

1日の接岸回数12回、年間300日の3,600回の離着岸という厳しい条件でのテストにも耐えうる品質です。



3タイプの素材の厚さ




上記画像は120フィートの米国クリステンセン メガヨットでIN-07スーパーを桟橋固定用にてご使用いただいています。


インターコムインフレータブルフェンダーは生地の厚さが3タイプ。

スタンダード

1.2mm厚の特殊加工のPVC生地を使用しており、35〜45ftクラスのボートにご使用いただける通常タイプです。
※商品名に"スーパー"、"ウルトラ"と記載のないものはすべてスタンダードタイプのものです。


スーパー

スタンダードタイプは1.2mm厚のPVC生地に対し、1.5mm厚とスタンダードタイプより30%厚みのある生地で生産しているため大型艇の50フィート以上の艇に対応し、40トン以上の艇のパワーに負けないように更なる強度を高めたのがこのスーパーシリーズでFRPのプレジャーボートではこのスーパーシリーズがベストな選択です。


ウルトラ

100トン以上の業務艇にも耐えうる1.2mm厚+1.2mm厚の2重生地タイプで、計2.4mm厚の最強強度のインフレータブルフェンダーです。




メガヨットクラスはもちろん35ftクラスのボートでも使用できるサイズも取り揃えています。
今までのエアフェンダーより収納時はコンパクトなのに、メガヨットクラス並みの40気圧まで耐圧可能であることが最大の特徴です。(フェンダー内気圧は1気圧です。)

フェンダーカバー(別売)を使用することでフェンダーを紫外線、汚れから守りより長くご使用いただけます。※一部カバーのないサイズもございます。
(岸壁など牡蠣が多いところではフェンダーカバーは適しません。)


安心のメンテナンス対応



現在発売中の全てにシリアル番号が付いておりサイズと製造年月、製造番号が商品の一つ一つに入っているため、お客様より修理の御依頼をいただいた場合、いつご購入いただいた商品かが全て分かるようになっております。


商品の保証は無償保証が3か月間(但し通常使用におけるメーカー規定の条件内)、部品代のみの修理期間3年(エアー漏れ1ケ所に付き1500円)3年以降は完全有償修理(基本的にはエアー漏れ1カ所につき2000円ですが修理できない場合もあります)。


またバルブの破損、キャップの紛失等についても、インターコム社製品を国内で国内でご購入いただいた場合のみ修理、交換、販売をさせていただきます。いずれの場合もこのシリアル番号が必要となります。修理のご依頼、お問い合わせの際には番号をご確認ください。


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

18